【FIREへの軌跡】2020年9月の定期買付(3回目)

この記事は、FIREムーブメントの一環として行っている投資活動の記録となります。

バリスタFIREを目指してコツコツ積み上げていきます。

2020年9月の定期買付(3回目)を実施しました。

【読んでほしい人】

・FIREを目指している人

 

 【FIREへの軌跡】2020年9月の定期買付(3回目)

2020年9月の定期買付(3回目)1

FIREへの軌跡と題して、私がFIREを達成するまでの投資活動の記録として紹介します。

まずは、投資方針のおさらいです。

当ブログではFIREを目指し、リタイア後の生活費を賄うのに十分な不労所得を得る事を目的としています。

したがって、高配当銘柄をコアにポートフォリオを形成し、サテライト的にインデックスやグロース株への投資を行っていきます。

また、我が家(妻)の方針として、フルインベストはしておりません。

生活防衛費や定期預金等の無リスク資産を十分に確保した上で投資をしています。

当面は困らないくらいの生活防衛資金は確保できたので、今後は投資による資産形成に注力していく予定です。

 

定期買付の内容

さて、今回は2020年9月の定期買付(3回目)を実施しました。

ちなみに買付予定日は毎月10日、20日、30日付近を予定しています。

 

9月定期買付(3回目)

▷SPYD(高配当ETF):10株

▷HDV(高配当ETF):2株

▷QQQ(NASDAQ100):1株

▷VT(オールカントリーETF):1株

 

ツイッターでも同様に発信しています。

今回の買付と前回からのスポット買いで、我が家の保有ETFの状況は以下の様になりました。

保有ETF状況

 

SPYDとHDVは私のコアとなるETFですので、これまで通りの定期買付です。

SPYDとHDVの関連記事

 

サテライトとして、QQQとVTを購入しています。

それぞれの詳細については以下の記事をご覧ください。

 

VTから分配金が出ましたね!

VT分配金

前年同月比で減配となってしまいましたが、比較的ダメージは少なかったのかなと個人的には思います。

元々インカムよりはインデックス商品として世界経済の成長へベットしていく趣旨の強いETFなので、株価が右肩上がりなら問題ないでしょう。

分配金はおまけ程度に考えておいた方が精神衛生上いいかもしれません。

でも貰えると嬉しいです!

VTをポートフォリオに組み込んだのは以下の理由があってです。

VT自体に7~8%の日本株が含まれていますので、PFにおける日本個別株を整理しつつVTの割合を増やしながら、日経をカバーしていこうと考えています。

ゆっくりになると思いますが、最終的にPFの20%程度をVTにしていきたいと考えています。

VTを保有する目的は、長期目線での投資を考えた場合を考慮してです。

現在はアメリカ一強といっても過言ではない状況です。

時価総額加重平均型のインデックスを採用しているVTが、そのポートフォリオの50%以上を米国株で占めているあたり、間違いないと言っていいでしょう。

順張りでいけば米国株にベットするのは選択肢として間違いありません。

事実、今後の私のPFのほとんどは米国株で占めていく事になると思いますし、その様に調整していくつもりです。

しかし、10年、20年くらいまでは米国一強が続いたとしても、さらに30年、40年と経てばとうでしょうか?

世界経済も盛者必衰、新興国の台頭は免れないでしょう。

その為のヘッジとして、世界分散を可能とするVTをある程度の割合含ませていこうと考えております。

ポートフォリオに対する考え方は、こちらの記事をご覧ください。

 おわりに【FIREへの軌跡】

(まとめ)2020年9月の定期買付(3回目)
まとめ

・9月の定期買付実施(3回目)

・月3回(10日、20日、30日付近に買付)

・VTの分配金決定(少し減配)

・PF調整中(VT積立)

 

今回は以上となります。

今後もFIRE目指してコツコツと積み上げていきます。

いつかはFIRE!

 

8月の資産状況

 

【おすすめ】FIRE関連図書の紹介

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア