【FIREへの軌跡】2020年9月の資産状況

今月もバリスタFIREを目指してコツコツ積み立てました。

 

この記事は、FIREムーブメントの一環として行っている投資活動の記録になります。

FIREに至るまでの軌跡として、金融資産(株式、ETF、投資信託等)を公開しています。

2020年9月末の資産状況です。

【読んでほしい人】

・FIREを目指している人

 

 【FIREへの軌跡】2020年9月の資産状況

【FIREへの軌跡】2020年9月の資産状況

FIREへの軌跡と題して、私がFIREを達成するまでの投資活動の記録として紹介します。

まずは、投資方針のおさらいです。

当ブログではFIREを目指し、リタイア後の生活費を賄うのに十分な不労所得を得る事を目的としています。

したがって、高配当銘柄をコアにポートフォリオを形成し、サテライト的にインデックスやグロース株への投資を行っていきます。

また、我が家(妻)の方針として、フルインベストはしておりません。

生活防衛費や定期預金等の無リスク資産を十分に確保した上で投資をしています。

  

2020年9月末の我が家の金融資産のうち、リスク資産にあたる株式・ETF・投資信託は以下の様になっています。

リスク資産の内訳(9月)

先月より新規買付分を含めた評価額は、先月比で約12.5%(約89万円)プラスになりました。

今月(9月)の資産額の推移を紹介します。

リスク資産のうち投資信託を除く個別株とETF(投資信託は含まず)が対象のチャートです。

9月の資産推移
しよこさんが運営されている資産アプリ(ju-ni)を利用させていただいています。
資産管理、ポートフォリオ管理、配当管理がまとめてできるので非常に重宝しています。
▶ju-ni
https://ju-ni.pocco.net/member/signup

  

相変わらず含み損を出しております。

今年の2月くらいからずっと含み損だなぁ(遠い目

先月、ようやく米国ETFの損益がプラスに転じましたが、9月は勢いのあったGAFAMをはじめとする米国市場が軟調で株価が下がる展開もあり、またもやマイナスに陥落しました。

おかえり、含み損。

しかしながら、今月も入金と買付を進めたこともあり、順調に資産額を増やす事ができました(+約89万円)。

踏み損を抱え続けているのは高配当投資家の宿命でしょうか。

コロナ禍から脱却し、世界経済の早期の回復を願うばかりです。

また、大きな出来事として、保有株のNTTドコモ(9437)のTOBがありましたね。

NTTによる子会社化という事で、1株の買付価格は3900円と発表がありました。

100株保有しているので約39万円になります。

2600円台で購入しているので、売却益は12万円以上にはなりそうです。

高配当投資家としては、永久保有候補の銘柄の一つでしたので複雑な心境ではありますが、とりあえずラッキーだったと喜びつつ、次の投資先を検討したいと思います。

9月は配当金や分配金が多い嬉しい月でもありました。

そして、残念ながらSPYDの大減配もありました。

前年同月比で41%も分配金が減ったので、ツイッターの株クラでは大騒ぎでしたね。

分配金発表後には株価もやはり下がる結果となりました。

 

投資活動(2020年9月)

今月の投資活動です。

投資活動の内容(2020年9月)

【購入】

・SPYD(高配当ETF) 140株

・HDV(高配当ETF) 35株

・QQQ(ハイテクグロースETF) 1株

・VIG(連続増配ETF) 1株

・VT(オールカントリーETF) 34株

・投資信託(iDeCo含む) 62,000円分

・KDDI(9443) 100株

【売却】

・楽天(4755) 100株

・CLOU 15株

【配当金・分配金】 計46,788円

・JT(2914) 23,100円

・SPYD 16,210円

・VT 2024円

・HDV 5454円

 

ETFではSPYD、HDV、VTを多く買いました。

定期買付の他にスポット買いを複数回実施しています。

SPYDは買付を進めた影響でPFにおける割合が重くなりましたが、取得単価は随分と下がりました(現在30.15ドル)。

日本株では、妻の名義でKDDI(9443)を追加で100株購入しました。

目的は配当金と株主優待です。

また、国策である5G成長戦略にも期待している節があります。

しかしながら、同じく国策である菅新首相が推進する携帯料金の値下げを受けて株価は年初来安を記録しています。

こちらの方はあまり気にしていません。

長期目線で考えれば、右肩上がりに推移していく事はほぼ間違いないでしょう。

また、日本株では楽天を1200円台で利確しPFの整理を行っています。

特定の高配当株や優待目的等の銘柄を残して、その他は日本経済から世界経済へシフトしていく予定です。

相対的にポートフォリオにおける日本株の割合が減少しますが、VTにも7~8%の割合で日本株が含まれているので、ある程度はカバーできると考えています。

 

それと9月という事で、配当金や分配金が入りました。

やはりSPYDの大減配の影響で予定より減っています。

2020年9月期の配当金・分配金に関しての詳細は、また別の記事にしたいと思います。

SPYDの減配に関する記事はこちらをご覧ください。

 

ポートフォリオ(2020年9月末)

ポートフォリオ(2020年9月)

現在のポートフォリオは上に示している通りです。

米国ETFを買い進めましたが、日本株のKDDIも購入したので、比率は大きく変化していません。

引き続き、高配当個別銘柄が中心の日本株を徐々に整理しつつETFの割合を増やしていこうと考えています。

そのコアとなるのは高配当ETFである【SPYD】と【HDV】になります。

 

またサテライトとして、【VIG】、【QQQ】そして【VT】を運用していく予定です。

今後も毎月定期的に積み立てていくつもりです。

現在の保有ETFの状況を以下に示します。

保有ETF

  

サテライト運用しているETFの詳細については、以下の記事をご覧ください。

 

年間予定配当金

FIRE達成の為に最も重要となるのが、不労所得の予定額です。

生活費を不労所得のみで賄う事が最終目標となりますが、当面の目標は月3万円の配当金を得る事です。

月3万円という事は年間で36万円必要です。

先は長いですがコツコツ積みあげていきます。

さて、現在の年間予定配当金ですが、税引後で以下の様になっております。

年間予定配当金:¥257,801

先月から増えて、23,533円アップです。

 

高配当ETFのSPYDの9月の分配金が大減配となりましたが、下落局面で積極的に買い進めた事と、同じく高配当のHDVやKDDIの購入もあり、年間予定配当金の増額に繋がりました。

金の卵を産むニワトリの育成、順調そうです。

 

次の目標である月3万円(年間36万円)をKPIとして分かりやすく可視化するため、以下に図式化します。

配当金推移(2020年9月)

年間配当36万円(月3万円)の達成まで、残り30%をきりました。

来年末くらいには36万円を達成したいと思います。

 

 おわりに

2020年9月の資産状況(まとめ)
2020年9月のまとめイメージ図
まとめ

・リスク資産は先月比で約89万円プラス

・米国市場が軟調で米国株ETFの評価額は再びマイナスへ転落

・下落局面でSPYD,HDV,VTを多めに購入

・KDDIを妻名義で100株購入(配当及び優待目的)

・NTTドコモがTOB(売却後の購入先検討中)

・2020年9月期の配当・分配金は約4.7万円(SPYD大減配)

・年間予定配当は約25.8万円

・月3万円の配当所得を当面の目標とし、コツコツ積み立てる(進捗率71.6%)

・ETF(SPYD,HDV,VIG,QQQ,VT)を積み立てる

  

今後もFIRE達成まで毎月資産状況を公開していきます。

先は長いですが、コツコツ頑張っていきたいと思いますので、よろしければ応援よろしくお願いします。

【FIRE関連図書の紹介】

今回は以上となります。

いつかはFIRE!

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 


セミリタイアランキング

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア