【FIREへの軌跡】2020年12月の資産状況

2020年最後の資産状況です。

 

この記事は、FIREムーブメントの一環として行っている投資活動の記録になります。

FIREに至るまでの軌跡として、金融資産(株式、ETF、投資信託等)を公開しています。

2020年12月末の資産状況です。

 

【読んでほしい人】

・FIREを目指している人

 

 【FIREへの軌跡】2020年12月の資産状況

 【FIREへの軌跡】2020年12月の資産状況(1)

FIREへの軌跡と題して、私がFIREを達成するまでの投資活動の記録として紹介します。

まずは、投資方針のおさらいです。

当ブログではFIREを目指し、リタイア後の生活費を賄うのに十分な不労所得を得る事を目的としています。

日米の高配当銘柄及びVTをコアにポートフォリオを形成し、サテライト的にインデックスやグロース株への投資を行っていきます。

また、我が家(妻)の方針として、フルインベストはしておりません。

生活防衛費や定期預金等の無リスク資産を十分に確保した上で投資をしています。

  

2020年12月末の我が家の金融資産のうち、リスク資産にあたる個別株・ETF・投資信託は、先月と比べて以下の様になっています。

資産状況(2020年12月)

今月の新規買付分を含めた評価額は、先月比で約2.8%(約28.7万円)プラスになりました。

今月(12月)の資産額の推移を紹介します。

リスク資産のうち投資信託を除く個別株とETF(投資信託は含まず)が対象のチャートです。

資産推移(2020年12月)
しよこさんが運営されている資産アプリ(ju-ni)を利用させていただいています。
資産管理、ポートフォリオ管理、配当管理がまとめてできるので非常に重宝しています。
▶ju-ni
https://ju-ni.pocco.net/member/signup

新規に購入した分も含めて、先月比で約28.7万円増えました。

日本株を一つ損切した事と円高に振れたこともあり、日本円換算ではそれほど増えていません。

今月は配当金ラッシュでしたね。

高配当ETFが軒並み増配を決定し、ホルダーとしては嬉しい月になったのではないでしょうか。

SPYDも9月の大減配からある程度持ち直すことができました。

また、日経も27,444円で2020年を締めくくり、コロナショック時に16,000円台まで暴落していた事を考えると1万円以上株価を上げる事ができました。

バブル崩壊以来、30年ぶりの高値を更新したということで2021年の日本株の未来は明るいかもしれませんね。

とはいえ、ご覧の様に依然として含み損を出しておりますが・・・。

含み損はインカム投資家のお友達です(笑)

米国株ポートフォリオが大きく増えたので、トータルでは約65万の含み益となっています。

 

投資活動(2020年12月)

今月の投資活動です。

投資活動の内容(2020年12月)

【購入】

・SPYD(高配当ETF) 20株

・HDV(高配当ETF) 27株

・VT(オールカントリーETF) 6株

・VIG(連続増配ETF) 3株

・VYM(高配当ETF) 3株

・ICLN(クリーンエネルギーETF) 5株

・投資信託(iDeCo含む) 62,000円分

 

【売却】

・丸井グループ(8252) 100株 ※損切

 

【配当金・分配金】 

・日米13銘柄 83,532円

 

ETFではHDVを多く買いました。

日本株では丸井グループを売却しました。損切です。

また一つ、日本株の個別株を整理した形です。

また、12月は配当金ラッシュでした。

日米あわせて13銘柄から83,532円が入ってきました。

1カ月に取得した配当金としては過去最高になりました。

詳細については、また別の記事にまとめたいと思います。

 

ポートフォリオ(2020年12月末)

ポートフォリオ(2020年12月末)

現在のポートフォリオは上に示している通りです。

米国ETFの評価額が増え、日本株を一つ売却したので日本株の比率が減っています。

引き続き、高配当個別銘柄が中心の日本株を一部を残して徐々に整理しつつ、ETFの割合を増やしていこうと考えています。

そのコアとなるのは【SPYD】と【HDV】、そして【VT】になります。

 

サテライトとして、【VIG】、【QQQ】、【VYM】を運用していく予定です。

また先月からICLNをポートフォリオに組み込んでいます。

クリーンエネルギーをテーマに国際分散投資ができるETFですが、これがなかなか勢いがあります。

少額ですが、買い始めてからすでに25%以上の利が乗っています。

様子見ながらの少額投資だったんですが、もっと買っておけば良かったと思いますね(笑)

ICLNに興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

現在の保有ETFの状況を以下に示します。

保有ETF(2020年12月末)

  

サテライト運用しているETFの詳細については、以下の記事をご覧ください。

   

3つの高配当ETFを同時運用する意義について、別の記事にまとめていますので興味のある方はご覧ください。

年間予定配当金

FIRE達成の為に最も重要となるのが、不労所得の予定額です。

生活費を不労所得のみで賄う事が最終目標となりますが、当面の目標は月3万円の配当金を得る事です。

月3万円という事は年間で36万円必要です。

先は長いですがコツコツ積みあげていきます。

さて、現在の年間予定配当金ですが、税引後で以下の様になっております。

年間予定配当金:¥288,903

先月から増えて、10,101円アップです。

 

今月は定期買付やスポット買い、合わせて高配当ETFの増配等があり予定配当金が増えています。

しかし、円高に振れている事もあって伸び率はやや抑えられた印象です。

 

次の目標である月3万円(年間36万円)をKPIとして分かりやすく可視化するため、以下に図式化します。

配当金進捗度(2020年12月)

年間配当36万円(月3万円)の達成まで、残り20%をきりました。

2021年中には36万円を達成したいと思います。

 

 2020年の振り返り

2014年末から投資をしていますが、本格的に資金を投じ始めたのは2019年後半からです。

FIREという概念に出会ったからですね。

それまでは家を買ったり、車を買ったり、住宅ローンの繰り上げ返済に充てたり、あるいは貯金にまわしていたので積極的に投資はしていませんでした。

支出の把握もちゃんとできていませんでしたし、倹約という言葉はまったく頭になく、支出の最適化など考えてもいませんでしたね。

2020年はブログを運営し、FIREムーブメントや資産状況を発信しながら自分自身のライフスタイルを見つめなおし、資産形成に邁進することができました。

投資対象の事をちゃんと勉強する様になった事も良かったと思います。

その結果が以下のグラフに表れています。

リスク資産推移(2020年)

今年1年でリスク資産は約700万増えました。

夫婦で共働きしているので多少入金力もありますが、コロナショックの暴落にあわせてこれまで貯めていたキャッシュポジションをある程度投資にまわしたことが主な要因です。

また、安値で仕込めた銘柄が年末にかけてどんどん値上げしていった事も追い風になりました。

2021年は2020年ほどの上昇は見込めないと思いますが、350~400万程度の入金は目指していきたいと考えています。

目標として掲げている年間配当金も年初と比べると大きく増えました。

2020年1月時点では月1万もなかった事を考えると大躍進ですね。

2021年中に税引後で年間36万円(月3万)をKPIとして積み上げていきたいと思います。

 

 おわりに

 【FIREへの軌跡】2020年12月の資産状況(まとめ)
まとめ

・2020年最後の資産状況

・リスク資産は先月比で約2.8%(約28.7万)増加

・丸井グループ100株を売却(損切)

・クリーンエネルギーETFのICLNが好調

・12月の配当金 83,532円

・年間予定配当は約28.9万円

・月3万円の配当所得を当面の目標とし、コツコツ積み立てる(進捗率80.3%)

・ETF(SPYD,HDV,VT,VIG,QQQ,VYM)を積み立てる

・2020年、リスク資産は約700万円増加

  

今後もFIRE達成まで毎月資産状況を公開していきます。

先は長いですが、コツコツ頑張っていきたいと思いますので、よろしければ応援よろしくお願いします。

今回は以上となります。

いつかはFIRE!

▼応援励みになります。ありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

【FIRE関連図書の紹介】

 


セミリタイアランキング

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア