FIREムーブメントとは【日本に新時代の到来】

突然ですが・・・

働くことに疲れた。

毎日の通勤地獄から解放されたい。

もっと自由な時間が欲しい。

経済的に自由になりたい。

 

そんな風に考えた事、ありませんか?

私はあります。

仕事にやりがいを感じる事も、もちろんあります。

でも、このまま定年までずっとこれを続けるのかと、うんざりする事もあります。

では、これらの叶いそうもない願いについて、現実的に向き合おうという考え方や生き方がある事をご存じでしょうか?

この記事では、FIREムーブメントについて紹介すると共にFIREのためにするべき3つの事について触れたいと思います。

 

 FIREムーブメントとは

1.FIREムーブメントとは

 

FIREムーブメントとは

さて、みなさんはFIREという造語を聞いたことがありますか?

Financial Independence,Retire Early=経済的に独立、早期に退職

の頭文字をとったもので、近年アメリカの一部で支持を受けている考え方や生き方です。

 

FIREムーブメントと呼ばれ、経済的に独立と早期に退職を目指すいわゆるミレニアル世代と呼ばれる20代から30代の人たちを中心に起こっている運動です。

正直、最初聞いた時は仕事をクビになる方のFireだと思いました。クビになるから自由になるという考え方と勘違い。

簡単に説明すると・・・

若いうちにガンガン稼いで、収入のほとんどを貯蓄あるいは投資に回して資産を形成します。

それをもって早期にリタイアもしくはセミリタイアし、まだ若いうちに自由な時間を持とうという考え方です。

 

なんともアメリカらしい自由な発想ではないですか。

日本でもやり方を考えれば、十分通用するのではないかと思います。

定年まで働くのが一般的だと考えられている日本でこの生き方はまだまだマイノリティと言わざる負えません。

しかし、小さな波紋もやがては大きな波に変わっていくものです。

すでにFIREに通ずる若年セミリタイアを達成されたブロガーさん達も世の中にはいます。

新時代の働き方改革の波がもうそこまで来てるかもしれませんね。

 

収入の7割を貯蓄または投資に・・・

FIREという思想が生まれた本場アメリカでは、収入のおよそ7割を資産形成に回す事がセオリーの様です。

うん、正直かなり厳しいですね。

独身サラリーマンならともかく、普通の家族持ちサラリーマンがこれを実施するのはかなり大変かと思います。

このブログではある程度現実的な水準でコツコツと投資をしつつ、配当金等の不労所得によるセミリタイアを目指していきます。

 

 FIREのためにするべき3つの事

FIREのためにするべき3つの事

FIREのためにするべき事は以下の3つです。

FIREのためにするべき3つの事

①支出の把握と最適化

②最低5000万円程度の金融資産の形成(個人差あり)

③より早くFIREを達成するため、収入を増やす

 

①支出の把握と最適化

FIREムーブメントの為にするべき事、その1です。

みなさんは月々の支出について、正確に把握されていますか?

これにズバリと答えられる方はなかなかいないかと思います。

少なくとも30代前半までの私は即答はできませんでした。

支出を正確に把握する事はとても大事です。

支出が収入を上回っていたりすれば、そもそも貯金や投資なんてできません。

正確な支出を把握できる事により、家計の問題点や不必要な出費を認識できたりします。

支出なんて気にならないくらい稼げばいいじゃないかと思う方もいるかと思いますが、いくら稼いでも浪費癖があると資産は溜まってはいかないものです。

まずは何にいくら使っているのかをしっかりと把握しましょう。

そして、そのあとは支出の最適化です。

固定費を下げる事や、本当に必要なモノにお金をかける習慣をつける事が肝要です。

支出を正確に把握すれば、家計の問題に対処できたり、削減できる固定費を発見できたりします。

投資なんてする余裕ないと思っている方も支出を最適化すれば、貯金や投資に回せるキャッシュフローがきっと見つかるはずです。

 

ですから支出を把握し、最適化を図りましょう。

さらに具体的な方法はこちらの記事をご覧ください。

 

②最低5000万円程度の金融資産の形成

FIREムーブメントの為にするべき事、その2です。

FIREを達成するため、個人差はありますが最低でも5000万円程度の金融資産が必要だと言われています。

FIREという考え方では、フルタイムの仕事を辞めた後はそれまでに形成した資産を運用して生きていくことになります。

資産運用において重要となるのが利回りですが、現実的な水準で考えると4%程度という事になります。

単純計算で5,000万円を年利4%で運用すれば200万円となります。

その200万円で暮らしていこうという考え方ですね。

 

いやいや自分ならもっと高い利回りで運用できるから、もっと少ない資産でFIREできると考える方もいるかもしれません。

しかしながら、利回り4%運用でもリスクは十分ありますので、このあたりが妥当となるのではないかと思います。

したがって、FIREに必要な金融資産は5000万円程度となります。

さらに詳しい内容については下の記事をごらんください。

 

③より早くFIREを達成するため収入を増やす

FIREムーブメントの為にするべき事、その3です。

平均的な給与所得のみで資産を形成しようとすると、どうしてもある程度の年数を要します。

具体的には年収500万円の方が給与所得から生活費を除いた残りすべてを投資に回したとしても、5000万円の資産形成には約18年かかります。

詳しくは【5000万円を貯める具体的な方法】の記事をご覧ください。

23歳で就職すれば41歳でFIRE達成という事になりますね。

通常なら60歳で定年ですから十分早いとも言えます。

しかし、さらに早いFIREを目指すのであれば投資に回す資金を増やすしかありません。

仮に先ほどのシミュレーションに年間50万円の副業収入や所得増があり、それをすべて投資に追加するとすればFIREは約3年早くなります。

すなわち

もともと年収の高い仕事を選ぶか、今の仕事で所得を増やすか、副業等で給与所得以外の収入源を作ることが必要となります。

資産形成を加速させ、FIREを早期に達成したいのであれば、積極的に収入を増やすべきでしょう。

 

 おわりに(FIREムーブメントとは)

まとめ.FIREムーブメントとは
まとめ(FIREムーブメントとは)

FIREFinancial Independence,Retire Early】

FIREムーブメント経済的独立早期退職を目標とする新時代のライフスタイル

【FIREのためにするべき3つの事】

支出の把握と最適化

最低5000万円程度の金融資産の形成(個人差あり)

より早くFIREを達成するため、収入を増やす

 

FIREムーブメントの始め方や手順については以下の記事にまとめていますので、そちらもご覧ください。

【おすすめ】FIRE関連図書の紹介】

という事で今回は以上となります。ありがとうございました。 

いつかはFIRE!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

Betmob|投資家ブログまとめメディア