KDDIが通信障害の補償を発表してから株価はどうなったのか

株式投資(資産運用)
スポンサーリンク

KDDIの通信障害とその補償内容

どうもファイアです。

29日、KDDIが先日あった大規模通信障害の補償内容を発表しました。

今回はその後株価はどうなったのか?というテーマで取り挙げたいと思います。

ご存じの方も多いと思いますが、まずは経緯について触れます。

KDDIは7月2日未明から80時間以上の長時間にわたって通信障害を起こしました。

その影響を受けたのは最大3900万回線以上と言われています。

この大規模通信障害の補償に関して、KDDIが29日に発表したんですね。

補償内容ですが以下の通りです。

障害期間中に契約していたユーザーに「おわび」として一律200円を返金する。

24時間以上連続障害があったユーザーは約款に基づいて基本使用料等から2日分相当額を請求額から差し引く(約271万人が対象

今回は補償対象が桁外れに多く、上記2点の補償総額はなんと73億円にもなる様です。

 

スポンサーリンク

KDDIのその後の株価はどうなっているのか?

さて、では気になるKDDIの株価の動向に付いて触れていきたいと思います。

上のチャートはKDDIの過去5日の値動きを表しています。

先に言及したように、KDDIの通信障害の補償内容が発表されたのが7月29日です。

ご覧の様に綺麗にその日を起点に右肩下がりですね。

KDDIは29日だけで前日比-145円(-3.27%)となりました。

そこから今日まで連続で下がり続けています。

300円近く下げてますね。

我が家は200株保有しているので、6万くらい含み益が飛びました。

今日になってようやく下げ止まったかなといった値動きをしていますが、これからどうなるでしょうか。

個人投資家に人気のある銘柄だけに、気になっている人も多いかと思います。

明日以降の値動きに注目ですね。

という事で、今回はここまで。

いつかはFIRE!

タイトルとURLをコピーしました