【FIRE】2020年2月の運用成績

この記事は、FIREムーブメントの一環として行っている投資活動の報告になります。

2020年2月の運用成績について書いています。

 

2020年、2月もあっという間に終わりました。

今月はなんといってもコロナショックの影響が凄かったですね。

個人投資家の大多数のみなさんは大きく資産を減らしたのではないでしょうか?

それでは2020年2月の月別運用成績にいきたいと思います。

 

 2020年2月末資産 前月比+1.47%

2020年2月末資産 前月比+1.47%
出典:マネックス証券口座

先月比で+1.47%になりました。

かろうじてプラスになったのは、多めに入金したからにすぎません。

2月における投資活動は以下になります。

 

お気づきになったでしょうか?

35万円入金したにも関わらず、月末の総資産は+46,000円程度です。

先月からのコロナショックによる影響で、私の資産は15%程度減っています。

含み益は吹き飛び、今は含み損を抱えている状態になります。

しかしながら、こういった〇〇ショックにおける下げ相場は、買い方を間違わなければポートフォリオの配当利回りを改善する絶好の機会です。

私もいつもより入金して、買い増しを行っています。

こういう下げ相場の際、買い増しするのは勇気がいると思います。

私も個別銘柄の購入は躊躇しますが、最初から分散投資が効いているETFの購入なら幾分敷居が下がります。

今後、夏に向けてリセッションが続いていくのか、あるいは特効薬等が開発されて景気も回復していくのかはわかりませんが、変わらず定期的にETFは購入していこうと考えています。

景気がいい時ではなく、こういった下げ相場の時は個人投資家にとって保有ポートフォリオを見直す良い機会だと思います。

現役世代はある程度リスクを取れますが、そうでなければ債権等のリスクが低い資産でポートフォリオを組みなおす等考えてみてもいいかもしれません。

ちなみに私は定期預金等の無リスク資産がある程度あるので、債券の購入はもう少し年齢を重ねてからになると思います。

 

 おわりに(2020年2月の運用成績)

おわりに(2020年2月の運用成績)
まとめ

・コロナショックにより資産減少(-15%)

・経済ショックはポートフォリオの配当利回りを見直す絶好のチャンス

・今後もETFを定期的に購入予定

 

来月末には景気が回復しているといいですね。

東京オリンピックまで影響がでると、いよいよ今年はリセッション入りかもしれませんね。

 

今回は以上となります。

いつかはFIRE!

 

 


セミリタイアランキング

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代セミリタイア生活へ
にほんブログ村